トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   ログイン

BLOG/Movable Type 4.0/カスタマイズ

Last-modified: 2018-05-19 (土) 10:03:54 (151d)
Top / BLOG / Movable Type 4.0 / カスタマイズ

デザインテンプレートを変える

  • (変更したいBLOGを選択)→ デザイン → スタイル から設定を行う。

hrmz作のスタイルライブラリ

  • BLOG/Movable Type 4.0/デザインテンプレート(スタイル)?

ファイルのアップロード時に特定のディレクトリに振り分ける

画像は常にimagesに入れる等

  • エムロジックさんのサイトからUploadDirプラグイン(MTUploadDir.zip)をダウンロードしてくる。
  • MTUploadDir.zipを解凍してできたmt-uploaddir.plを自分のMT管理ページサイトパス/pluginsディレクトリにアップロードする。
  • これだけでファイルのアップロード時に拡張子毎に特定のフォルダに振り分けられる様になる。

各ページ(個別ページ)を1つのディレクトリに集める。

  • (変更したいBLOGを選択)→ 設定 → ブログの設定 → 公開 から設定を行う。
  • ”アーカイブをサイトパスとは別のパスで公開する”にチェックを入れ、コンテンツを集めたいディレクトリを指定する。

月別アーカイブの生成をやめる。

  • (変更したいBLOGを選択)→ デザイン → テンプレート → (クイックフィルタ)アーカイブテンプレート → ブログ記事リスト から設定を行う。
  • アーカイブマッピングから生成したくないアーカイブを選んでゴミ箱のアイコンを選んで削除

google ウェブマスターツール用sitemapファイルを出力する。

  • (変更したいBLOGを選択)→ デザイン → テンプレート → インデックステンプレート → インデックステンプレートを作成成
  • テンプレート名:sitemap(任意)
  • テンプレートの内容
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <urlset xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84">
    <url>
    <loc><$MTBlogURL encode_xml="1"$></loc>
    <priority>1.0</priority>
    </url>
    <MTEntries lastn="9999">
    <url>
    <loc><$MTEntryPermalink encode_xml="1"$></loc>
    <lastmod><$MTEntryModifiedDate utc="1" format="%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ"$></lastmod>
    </url>
    </MTEntries>
    <MTCategories><MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">
    <url><loc><$MTCategoryArchiveLink encode_xml="1"$></loc></url>
    </MTIfNonZero></MTCategories>
    </urlset>
  • テンプレートの種類:カスタムインデックステンプレート
  • 出力ファイル名:sitemap.xml(任意)
  • ”インデックステンプレートを再構築するとき、このテンプレートも再構築する”にチェックを入れる。

上記の内容を保存→再構築してgoogleウェブマスター ツールに登録する。

出力されるタグクラウドの件数を増やす

  • (変更したいBLOGを選択)→ デザイン → テンプレート → (クイックフィルタ)テンプレートモジュール → サイドバー(2カラム)
    (174行目付近 タグクラウド・ウィジェットの辺りを編集)
    <MTTags limit="20" sort_by="rank">
        ↓
    <MTTags>    (limitとsort_byの項目を削る)
  • 3カラムの人はサイドバー(3カラム)の似たような場所を編集

画像文字を入れないとコメントできなくする

  • (変更したいBLOGを選択)→ 設定 → ブログの設定 → 登録/認証
    • 認証方式:認証なしコメントにチェックを入れる。
  • 設定 → ブログの設定 → コメント
    • 表示オプションのCAPTCHAプロバイダ(プルダウン)から”Movable Type 規定”を選択
  • 再構築を行う。
  • 注意事項
    • Image::Magick が必要
    • Ver4.01 デフォルトだと [StaticWebPath]/images/captcha-source ではなく[CGIPath]/mt-static/images/captcha-source を参照しにいく様(バグかな。。。)なので、[StaticWebPath]を標準から変えている人は[CaptchaSourceImageBase]のパスを設定するか、[CGIPath]/mt-static/images/captcha-source にファイルをコピーしておく必要があるかも

SPAMトラックバック対策

自サイトへのリンクがないトラックバックを弾くプラグイン

  • http://yebisuya.dip.jp/yeblog/archives/a000514.html
  • 上記サイトからmt-prevent-trackback-spam-no-link.zipをダウンロードしてくる。
  • zipを解凍してできたファイルを自分のMT管理ページサイトパス/pluginsディレクトリにアップロードする。