トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   ログイン

旅/ニューカレドニア/概要

Last-modified: 2019-05-15 (水) 20:34:26 (527d)

ニューカレドニアの概要

国名

ニューカレドニア
フランス領でフランス語ではヌーヴェルカレドニー (Nouvelle-Calédonie) 、ニューカレドニアは英語: New Caledoniaから来ている。

場所

オーストラリア東方の島で、南太平洋のメラネシア地域にある。

日本との時差

日本よりも2時間早い。日本での正午はニューカレドニア午後2時。

言語

フランス語
(ホテル、レストランでは英語もかなり通じる。多くの免税店やみやげ物店には、日本人スタッフや日本語を話せる店員がいる。日本語メニューを置いているレストランも多い。ただし、ヌメアやアンスバタ以外の地域では、日本語はもちろんのこと、英語もまったく通じない地域も多い。)

宗教

キリスト教

電圧

電圧は220Vで周波数は50Hz。プラグは2穴丸型式のCタイプが主流(フランスと同じ)。一部、3穴丸型式のSEタイプもある。

気候

ニューカレドニアの季節は日本とまったく逆。日本の夏はニューカレドニアでは冬。日本程気温の変化は少ないが四季がある。真夏(2月)は30℃を超えるが、湿気が少なく風が吹くので案外過ごしやすい。6~9月の朝晩は20℃を割り込むこともあるので、長袖の上着が必須。年間をとおして日差しは強い。

通貨

フレンチ・パシフィック・フラン(CFP、XFP)
銀行では、金額に関係なく両替1回につき500~1,000CFPの手数料を取られる。ホテルでは手数料なしで両替できるが、交換レートはよくない。ただし、1万円程度の少額の両替だと、手数料を取る銀行よりも得になる。
日本だとワールドカレンシーショップで両替できる。
1CFP=1.11円(2010年6月時点)

チップ

チップの習慣は基本的にない

水道水を飲むことができる。